ネットで小説を書いている人間が駄文を連ねる場所。

2008/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コメント、拍手をくださった皆様、ありがとうございます。
 文章で喧嘩を売られて完勝してしまった私ですが、件の御仁は別ベクトルで難敵でありました。
 今日は、そんなお話を。


 研修も終盤を迎え、実は残すところ、あと二日しかございません。
 仮想プロジェクトの真っ最中でして、十数名いる研修生を2チームに分けて、私は片方の班のコードリーダーになっております。
 コードリーダーというのは、コードのリーダー。コードっていうのはプログラムのことですから、端的に言えば「プログラミング全般のリーダー」というところでしょうか。
 自分で言うのも非常に気が引けることですが、自分しかこのブログを書く人間がいないから書いてしまいますが、けっこう優等生でした。成績が全てではないにしろ、十数人いる中で、三番手辺りを常にキープするぐらい。
 ただ、プログラミングよりもまとめ役的なポジションにつくことが多かったので、リーダーに選ばれるんじゃないだろうかと思ってたんですが、講師が「リーダーは今までまとめ役になっていないような人から選ぶ。コードリーダーはプログラミングができる人間から選ぶ」という旨の発言をされまして。
 まあ、実力が認められるのは嬉しいことです。ただ。

 問題は、チームメンバーだったわけでして。

 成績だけで見るならかなり優秀なチームに違いはなかったのですが、先日に登場した御仁も同じチームの人間でして、少し使い古した流行語で言えば「真剣に空気が読めない男」でありました。
 どれくらい空気が読めないかと言えば、みんなで一つの作業に集中している中、一人で別のことをやりはじめたり、あろうことか隣のヤツに雑談を持ちかけるという手酷さ。
 この二ヶ月間、彼には辛苦を舐めさせられたものです。私一人が怒っているだけならば、私が我慢すればいいだけの話ですが、研修生一同が彼の行動に苛つきを覚えているのは、もう大問題。
 もしも私が上司なら「明日から来るな。いや、今から帰れ」と高らかに宣言しているところです。

 他人の悪口を書くのは自分の不利益であることは重々承知。それでも尚、書かねば気が済まないと思ってしまうのが本音であります。

 そんな御仁がチームメンバーにいるわけですから、メンバーの心労は常に絶えないわけでして。
 リーダーが心の優しい、大人しい女性で、御仁に強く注意することができない。否、精一杯やっているのに、御仁が生来の空気の読めない男であるばかりに通じない。
 ついつい、私の言葉も荒々しくなり、集中してプログラミングをしなければならないのに、御仁の行動が目について仕方がない。
 苛々は限界点を超え、御仁の悪影響で遅々としか進まないことが拍車をかけて、次第に私の作っているプログラミングも複雑怪奇に。テストを繰り返すも、予測通りの結果からかけ離れていくという有様。
 その後も、散々に傍若無人な振る舞いで周囲を乱した御仁。コーディングを任される私には、最早ただの嫌がらせにしか思えないような場違いな報告と相談と連絡をしてくるものだから、もう手に負えません。
 しかも、指示を出したら心底嫌そうに口応え。嫌なら帰れと何度言いたかったことか。
 仕事ができないだけなら、まあ放置すりゃいいんですが、余計なコトをする上に、周りが大迷惑を被るのだから、最早、講師陣が用意したトラップなんじゃないかと思うほど。
 明日は、彼の存在を無かったことにして作業を進めよう。そんな伝達がこっそりチーム内を駆けめぐりました。
 泣いても笑っても研修は後、二日。
 失笑してしまうのは何故でしょうか。

 今日の余談まで読んじゃう方は、続きを読むをクリックでw
[リーダー]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。