ネットで小説を書いている人間が駄文を連ねる場所。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、文章で私に喧嘩を売ってきた御仁がおりまして。

 曲がりなりにも八年ほど筆を執ってきた私でありますから、文章に関しては持論やら多少の自負などもあります。が、御仁はどうやら私よりも文章力が高いという自信があった模様でして、随分と上からの物言いをされたわけであります。
「上等だ、この野郎」
 まさか口に出した言葉ではありませんが、スイッチはしっかりと入ってしまいました。
 お互いの文章(書類ではありますが)をチェックするという実に都合の良い展開になりまして、ここぞとばかりに叩かせて頂きました。正直、昔に少々文章を書いていただけの人間に負ける気は致しません。
 文章の違和感を指摘するのは、それなりに読書をする人間ならば誰でも出来るのですが、違和感の正体を文法と照らし合わせて解説するのは、実際に書いている人間や、しっかりと勉強している人間でなければできません。

 文章の巧拙に関しては兎角、正誤ならば私のようなwebの辺境で文章を綴る似非物書きでも十分に判別できるわけでして。
「正式な書類に口語体は有り得ないですね。噛み砕いた説明と、くだけた表現の違いもわからないのでしょうか?」
「流石にこの表現は人格を疑いますね」
「遊び心を書類に出してどうするつもりですか。しかも中途半端すぎて笑いにも繋がらず、反感を与えてしまうだけですね」
 文章に関しては、割と手厳しい言葉を吐くのが私の流儀なのですが、三十分ほどで御仁のツラから覇気やら自信やら生気やら、色々抜けておりました。

 それなりに温厚で気の好い人間として過ごしているつもりなのですが、どうやら、御仁には間抜けと認識されていた様子。わざわざこっちの得意分野で喧嘩を売ってくるとは、相当に舐められていたというところでしょうか。

 余談ではありますが、その翌日。御仁が御自身の得意分野らしい画像処理系統の話で再び喧嘩を売ってきたのですが。
「これじゃあ、確かにぱっと見たら綺麗でしょうが、本来の意図や、伝えるべきことが曖昧になってしまいます。物事の本質をもう少し考えて作らないといけませんね」
 すまん。文章馬鹿の俺だが、大学時代は画像処理や映像処理がむしろ専門だったんだ。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/27(月) 22:40 | | #[ 編集]
相手もなんでそんなに隠れた地雷を
狙って踏めるのか・・・?(苦笑
2008/11/02(日) 06:15 | URL | 静月 #qE.xeqmQ[ 編集]
おにーさんカッコええなぁ
2008/11/03(月) 04:01 | URL | 774 #afXvPe0k[ 編集]
>静月さん
 きっと同じ穴のムジナなんです。なんか小学生ぐらいの自分を見ている気分だったので(汗

>774さん
 おにーさんはいつでも格好悪さの中にカッコよさを見いだします。
 や、調子乗ってすみません。
2008/11/05(水) 19:35 | URL | 伊達倭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dateyamato.blog19.fc2.com/tb.php/12-051b768b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。