ネットで小説を書いている人間が駄文を連ねる場所。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人工筋肉の権威がね、実験で失敗しちゃったの。
 分野的にさ、どうしても人体実験になっちゃうからね。被験者が死んじゃったのよ。
 そりゃ、マスコミに叩かれたさね。彼の開発した人工筋肉のおかげで何千、何万って人が救われて、特に身体障害者のために開発した医療用人工筋肉なんかは世界的にも普及してたのに。
 まあ、それだけ凄い人間が事故とは言っても人を殺しちゃったら、目立つだけにマスコミは面白がるように報じちゃうわけで。
 うん。赤山教授って言うんだけどね。周囲からの非難の声に、今まで世のため人のためって頑張ってきたのに、隠遁しちゃったよ。
 二年ぐらい前の話かな。

 これで終われば、まあ有名人の事故ってことでお終いなんだけどね。
 まあ、色々苦労をしたんだろう。普段温厚な人物ほどキレたらエラいことになるってよく言うし、まあその典型的なケースだったんだろう。
 二年間、隠れてたと思ったんだけど、そうじゃなかったみたい。似た境遇の人間やら、周囲の人間を率いて、派手にやらかしちゃった。
 なんせ、人工筋肉とかの権威だからね。それに集う人間達だからね。
 作っちゃったのよ。サイボーグ。
 マスコミへの攻撃とか酷かった。テレビ局が一個潰されたぐらい酷かった。
 死傷者はそんなでも無かったけど、有名人が何人か死んだりして大騒ぎ。効果的で効率的な殺人だと彼らが自画自賛しているところが生中継されたりもした。
 有名人が死んだら、そりゃ話が大きくなるわな。自分がなまじ有名人だったから必要以上の叱責を受けた赤山教授らしいやり方だったのかもしれない。
 そういうわけで、彼らはジェネラルという組織を名乗り、サイボーグ――怪人を生み出して不条理な世界に殴り込みをかけた。

 勿論、警察も自衛隊も、米軍だって動いた。
 けど、なんせ怪人だ。鉄砲もミサイルも効きやしない。金属繊維で作られた人工筋肉はとにかく丈夫で、刃物なんかじゃ傷一つつけられやしないんだ。そんなヤツらに鉛球だって爆弾だって効くはずないわな。普通の筋肉で動いてる人間を殺すための武器じゃ、歯が立たないわけだ。
 そりゃ、核爆弾でも落としたら倒せるのかも知れないけどね。そんなことをしてみろ。たかだか数十人程度のジェネラルのために環境破壊と人的被害が計り知れないことになる。
 そういうわけで、警察も軍隊も手をこまねいて、テロ活動を続けるジェネラルは野放し状態になっちゃったわけだ。
 まあ、基本的に局所的なテロとか、一見派手で規模の割に被害が少ないっていう、ある意味でメディアを理解しちゃってる連中だから、経済に影響とかは出なかったんだけど、それでもけっこうな人数が死んじゃってるわけで。
 遂に対抗組織が生まれたわけだ。その対ジェネラル武装組織がクロガネさ。
 なんでも赤山教授の教え子が立ち上げた組織で、規模はジェネラルよりもまだ小さくて十数人。だけど、対怪人用の装備を開発したクロガネは、少なくとも指をくわえて見てるだけの警察よりは強かった。
 足止めや、場合によっちゃ優勢になることもあった。彼らの武装は全部が独自のもので、対怪人用に作られている。対抗してサイボーグを作りたいところだけど、予算もなけりゃ技術もない地下組織なもんだから、強いけど規模は小さいままだった。

 で、いいところ足止めってクロガネだったんだけど、最近になって変化が起きた。
 ジェネラルってのはとどのつまり、科学者や賛同者の集まりなわけで、研究指向が強いわけだ。
 怪人の量産じゃなくて、色んな種類のヤツらを次々に生み出していくところなんて、その傾向が窺えるだろう。
 そんで、赤山教授ってのはどうやら「新世界の王者たる存在」ってのをサイボーグに見出しちゃったらしくて、その開発に取りかかった。
 それで、健康な若者を拉致して試作一号を作り上げた。
 けど、なんせ事が事なだけに、赤山教授もはりきっちゃって色んな機能を実験的につけた。
 負荷の少ない通常体と、戦闘能力の高い戦闘形態の可逆式変身機構。
 成長するサイボーグってのも重要で、金属生物ってのを開発しちゃって、金属繊維で作った人工筋肉が普通の肉体同様に成長できるようにもした。
 なんせ新世界の王者だから、それに相応しい能力が必要だったわけだ。
 でも、一号の変身機構は未完成で、どうしても変身時に激痛を伴う欠陥システムになっちゃった。
 それがくせ者で、結局一号はジャッカスという渾名をつけられて廃棄されることになった。
 ジャッカスってのは、英語。しかもスラングで役立たずって意味だ。面倒な洗脳作業もせずに、部品にバラすためにジャッカスは他の怪人の訓練用に追い立てられた。
 けど、ここで火事場のくそ力を発揮しちゃったジャッカス君。元は大学生の男子で、喧嘩は強くないけど、根性だけはけっこうあった。
 気が狂いそうな痛みに気絶しかけながらも、なんとか変身してスタコラと逃げたわけだ。試作は試作だけど王者の試作なだけに変身さえしちゃえば強かった。逃げるだけなら平気だった。

 で、ここで再びクロガネが登場する。
 逃げ出してきたジャッカス君を保護して、上手いこと言いくるめて味方にしちゃったわけだ。
 元々、ジェネラルは悪でクロガネが正義の味方っていうのが定説だったし、実際の所そうだったこともある。後、勝手に改造されてジャッカス君が怒っていたこともある。
 復讐だチクショウとばかりにジャッカス君はクロガネと協力してジェネラルに対抗することになる。このときに名前もジャックに変えた。役立たずじゃない。トランプで言う兵士。戦う男というジャックさね。
 そんでもって、クロガネには大学生も混じってた。で、そいつらが言うにはヒーローには相応しい名前が必要だと。ジャックってだけじゃその辺の外人さんにしか思えないから、こう、機動戦士とかM78星雲から来たとか、そういうのが必要らしいんだ。
 で、ジャックの名付け親でもあり、口八丁でクロガネに取り込んだ高木とかいう大学生が、「仮面ライダー」がいいと言い出した。
 テレビの特撮じゃねえかと反論するジャックだったけど、高木って男は如何せん口が達者なもんで、気付いた頃にはジャックが自分で「俺は仮面ライダージャック!」と名乗るぐらいになっていた。

 で、この仮面ライダージャックがまた強かった。
 クロガネの戦闘員の金池文太や周防怜それに高柳功。あとは風祭って四人も協力して、ジェネラルを派手に倒し始めた。
 正義の味方クロガネと、仮面ライダージャック。これにご立腹なのがジェネラルの皆さんだ。
 次々に追っ手を差し向けて、ジャックを追い詰める。
 クロガネにも何人か死者が出て、戦闘員の風祭って男も死んじゃった。
 で、元々父親をジェネラルに殺されたことでブチ切れてクロガネに所属してた周防怜って女子高生戦闘員が、仲間の死でまたブチ切れた。
 無口なのに激情家で、包丁で怪人に挑んだところをクロガネに保護されたという来歴がその激しさを物語ってる。しかもクロガネに居座って戦闘員に無理矢理収まったという気合い抜群の女子高生だ。
 その怜ちゃん、ジャックを見ていて改造人間になる決意を固めたわけだ。
 クロガネに無かった技術も、ジャックの加入で色々と解明できたし、技術的には可能だった。
 けど、ジャックは経験上、めっさ痛いので辞めることを勧めた。それにまたブチ切れた玲ちゃん、ジャック無しで怪人に挑んで致命傷を受ける。
 もう、サイボーグ化するしか道は無いぐらいにボロボロだったので、クロガネも仕方なく玲ちゃんを改造した。してやったりの表情の怜ちゃん。正直、クロガネの面々もビビったぐらいだ。
 例によって高木が戦う女の子としてプリキュアという名前をつけようとしたが、玲ちゃんが普通にブチ切れたので仮面ライダーにすることにした。プリキュアは中学生までらしい。セーラームーンは高校生という高木の反論は黙殺された。
 で、擦った揉んだで決まったのがビート。震える魂のエイトビートの略っていうのが玲ちゃんの言なんだけど、聞き間違えた人間が全員カブトムシライダーだと認識した。ビートルじゃねえ。
 この怜ちゃん改めビートも強かった。そりゃジャックのノウハウが活かされてるから強いわけだ。
 余ったスーツで援護に回った高木や、スーツぶっ壊されても戦う金池や、目立たない高柳のサポートもあってジャックとビートはジェネラルの本拠地を突き止めて、最後は赤山教授が自分を改造した最強のサイボーグも倒して、無事にジェネラルを壊滅させた。

 用済みのクロガネは解体されて、正義の味方も邪魔な存在になっちゃうのが世の中。
 ジャックやビートは自重して、こっそり暮らしている。
 またジェネラルみたいな連中が出てきたら、そのときは戦う。けど、まあまずは人並みの幸せを探してみよう。幸い、お年頃のジャックとビートは境遇も一緒で、死線を共にくぐってたり、他にも色々あったから改造人間同士、くっついていた。
 願わくば、このまま普通の男の子と女の子として生きていきたい。そんなことを考えながら。





 前々から考えてた仮面ライダーものを二人称版ダイジェストでお送りしました。
 こっそり登場してるのは、例によって高木。
 あとカナブンとかも。怜ちゃんはガンホーの周防の妹ちゃん。
 お気楽なノリのダイジェストだけど、実際に書くとなるとガチでシリアス路線。
 特撮を小説に、という基本姿勢のために、悪の組織のお約束などもある程度は現実的に解釈して書いていったりしてみたいわけで。

 他にも高木が仮面ライダー玻璃金(ハリガネ)となって、仮面ライダー鐵(クロガネ)と共に戦うっていうのも前々から考えてました。
 こっちの高木君は言葉よりも射撃の腕前で敵を倒す、割と武闘派。
コメント
この記事へのコメント
ツッコミづらい……っ!
いやもう、なんというか。
高木万能ですね。
2009/10/27(火) 02:03 | URL | 侍二号 #-[ 編集]
や、や、ごめんなさいw
途中まで真面目に書いてたんですけど、段々面倒になってうっかり高木とか登場しちゃって、半分投げながら書いてました。

高木は出演する作品が増える毎に能力が上がっていく、なんというか変態さんなのですよ、多分……いや、きっと。
2009/10/27(火) 19:03 | URL | 伊達倭 #-[ 編集]
ああ、仮面ライダーだなーと思いみてましたら、仮面ライダーと名乗りをあげちゃったじゃないですか。
ロボコップなノリもありますねー。
2009/10/27(火) 19:14 | URL | 月 #CVtSlW3I[ 編集]
まず、タイトルから考えた結果「仮面ライダージャック」でしたからw
2009/10/31(土) 00:44 | URL | 伊達倭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dateyamato.blog19.fc2.com/tb.php/184-06431858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。