ネットで小説を書いている人間が駄文を連ねる場所。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 色々考えて、すげーお気楽なファンタジーを書くことにしました。
 どれくらい気楽かっていうと、設定すらロクに練ってない気楽さです。

 とりあえず、ライトな雰囲気でいいから「ファンタジー」というジャンルに挑戦してみるつもり。
 三万五千文字くらい書いてたファンタジーは……ボツにするとしよう。

 ちょっと書き始めてみたけれど、陳腐なぐらいがいいと思って、あえて高校生男子が異世界に飛ばされるというモノにしてみました。何事も、最初から奇をてらってはいけないね。
 ま、主人公を「御主人様は中学生」の影の主役である高木に据えた時点で、すでに奇をてらいすぎている気もするのですが。

 高木が、口八丁で剣と魔法のファンタジーの世界を渡り歩く。そんな話にしようかなーと思ってます。
コメント
この記事へのコメント
 うわぁそれいいです素敵です美しいです。
 きっと高木君はレールのちょっと横を意識して歩いていくんでしょうね。
何気に熱い男のようだし似合うなぁ。
2008/11/14(金) 21:31 | URL | 月月月 #CVtSlW3I[ 編集]
勢いに乗った暇人とは恐ろしく、何故か一日で1万7千文字ほど書いてしまいました。自己新ですw

なろうに掲載してみようかな、と思うモノの、さてどうしたものかw
2008/11/15(土) 04:27 | URL | 伊達倭 #-[ 編集]
言うまでもないですが、そうしてもらえると僕はとても嬉しいです。

ちょっと思うのですが、伊達さんならヤクザ+ファンタジーなんてのも違和感なく出来そうですよね。
2008/11/15(土) 09:49 | URL | 月月月 #CVtSlW3I[ 編集]
では、ちょいと投下してみますね。今はまだ暇人なので。

決してヤクザにそこまでの知識があるワケじゃないですが……浅田次郎の書くヤクザに近いのであれば書けるかもしれないですねw
2008/11/15(土) 14:24 | URL | 伊達倭 #-[ 編集]
黒衣のサムライ。
少し浅いような気もしました。なんと言えばよいのか、いつもの高木君なんですがちょっと違う。
 状況に対応している分、常に先手をいく彼が、今回なんとか後手に回らずにすんでいる……ってな位置が理由なようなきもしますが、それにしても最初の一つ二つが軽い。
 でも、僕は高木君を前から知っているからだという考えもあるのですが。

 金色のマリモがあるので、あながち高木君は無作為に喚ばれたわけでもないのかも知れませんが、なんとまぁ、期待を裏切らないというか、期待を鼻歌混じりで捨てられたというか、何にしても厄介ですね。

今回、『伊達ワールド(仮)』の住人は登場しない、または限り無く低い『っぽい』ので、とうとう高木君はぶっちぎりの主役を張れるのか……。まあ、異世界ならぬ異伝ですけれど。


取り敢えず、ガンホーよりも、気に入ったことは伝えておきます。
2008/11/15(土) 20:45 | URL | 月月月 #CVtSlW3I[ 編集]
どもども。だいぶ色々とすっ飛ばして書いてしまったというか、設定もロクに練らずに書いてはいけないなという感じですね。あちこち綻びまくりですw

まあ、いきなり本領発揮させすぎるのもどうかって気がしたってのもありますが、フルスロットルで高木を動かすと、速攻で異世界から帰還しちまうんですよね。多分。

他の面々は、まあ、今後の展開で必要になれば出すつもりですが、必要になるかはまだ考えてもないですw

慣れないファンタジーモノなので、色々と御意見嬉しいです。
ガンホーは、どこまで主人公をバカにできるかっていう実験も踏まえてて、けっこう難儀してるのが見えてきてしまっているんでw

とりあえず、もう少し暇な時間があるのでちょこちょこ書いていってみますw
2008/11/16(日) 07:11 | URL | 伊達倭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dateyamato.blog19.fc2.com/tb.php/25-baefcac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。