ネットで小説を書いている人間が駄文を連ねる場所。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 テーブルトークゲーム。まあパーティゲームと言っても良い。
 仔細はぐぐってもらうとして、ざっくり説明すると。
1.プレイヤーは全員「ひとつの村に住む住人」である。
2.その村に人の姿をした人食い狼が紛れ込んだ。
3.狼は一晩に一人を食い殺す。
4.村人たちは昼に相談し合って、ひとりを絞首刑に処して狼を全滅させる。
5.狼の数と村人の数が同じになった時点で狼側の勝利(狼の方が強いから、一人一殺で村を滅ぼせる)
6.狼を全滅させれば人間の勝利。
7.狼は複数匹いる場合、お互いが狼であることを知ることができる。
8.村人は誰が狼であるか。あるいは誰が正真正銘の人間であるかを基本的に知ることはできない。
9.村には占い師・霊媒師・狩人などの職につく人がいて、彼らは特殊な技能を持つ。

 占い師は夜にひとりを指定して、狼か人間かを判別することができる。霊媒師は絞首刑になった人物が狼か人間かを知ることができる。狩人はひとりを選び、その人が捕食対象者だった場合に襲撃を防ぐことができる。
 場合によってはほかの役職も登場。

 話し合って、誰が狼かを推理する。狼は当然、自分が狼でないように振る舞い、生き残りつつ村人の数を減らしていく。
 占い師は、自分が占い師であることを証明することができないので、当然、狼が占い師を装っている可能性もある。
 そんな騙し合いや、推理合戦が楽しいゲーム。推奨プレイヤー数 10~


 十人以上もリアルで集められねーよ。とか思ってたら、15人集まったのでやってきました。
 嘘で騙すのは実は全然得意ではない。とか言うと嘘くさいですかね。騙すやつを書くのと人を騙すのではまた違うおもしろさと難しさがありました。
 大学時代の学友と、連れの友達(俺とも知己有り)+俺のネトゲ仲間+俺の連れという、なんか全員と面識あるの俺だけだったので、ゲームマスターからのスタートでしたが、さりげなく小説を書く参考になることがたくさんあって、けっこう有意義でした。
 あと、大概のGMは進行役でつまらないかもしれないんですが、これに限って言えば、ある意味で一番美味しいです。誰がどんな嘘をどのタイミングで言っているのかを唯一把握できたりしますし。

 定例化して遊ぶつもり。ネトゲとかゲーム機もいいですが、こういうしゃべるだけのゲームも実に楽しいものです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dateyamato.blog19.fc2.com/tb.php/254-ddba1afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。