ネットで小説を書いている人間が駄文を連ねる場所。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 職業を問われて、非常に困ってしまう現状です。
 サラリーマンには違いない。会社勤めだし、スーツ着てるし、クールビズが流行している最近でもネクタイは常時着用しています。

 プログラマ。おそらくは、それが職業名なのだと思います。
 ただ、研修中なので知識も経験も半人前どころか、生まれたての赤ん坊レベルでして、百歩譲ってもらって、プログラマ見習いというところでしょうか。
 二ヶ月間の研修も半ばを終え、研修仲間の間では、割と優秀な成績を維持しています。
 仮にも大学は情報系の学科だったこと。元々、パソコンは日頃から愛用しており、なくてはならない存在だったこと。そんな人生がこの期に及んで、多少なり役に立っているようです。

 しかしながら、趣味にして生き甲斐の執筆活動が何よりもプログラマとしての自分にとって、追い風になっているような気がしてなりません。
 プログラミングというのは、発想力や構成力を問われるものらしいです。
 日々、小説のネタを考え、どのように書けば良いのだろうかと悩んでいたわけですから、発想やら構成やらは、十年近く養ってきたと言うことも可能でして。

 や、実はプログラミングの最中って、割と小説を書く感覚に似ています。
 元々、ものづくりが好きな上に、扱うのは形こそ違えど文字に他ならないわけでして。
 概念を感覚で捉えるのは、物を書いている間にいつの間にかできるようになってましたし、ブラインドタッチも、感覚と記述の速度を合わせるために習得しました。

 こうして見ると、自分は小説を書きながら、プログラマとしての下地を作っていたような気がしないでもないです。
 勿論、小説を書いてるほうが楽しいですが、職業としての選択は間違っていないように思えてきました。少なくとも営業や販売は私には無理ですので。

 小説を書く上でも、プログラミング言語というのは非常に興味深いです。日本語ほど自由ではないけど、同じ内容のプログラムでも、人によって書き方が全然違ったりします。
 むしろ、自由ではないのに、言語というのはここまで幅があるのかと、思い知らされたりもしました。

 研修が終わったら、プログラミングをしないかもしれませんが、それでも趣味で続けたいかな、なんて思い始めてます。なるほど、世の中にフリーソフトってものがたくさんあるけど、物書きで言うところの、web小説みたいなものなんだろうなぁ、とか思ったり。
コメント
この記事へのコメント
何かこの日記読んでたらプログラミングが暖かみのあるモノに思えてきた!
ある意味語学だと考えると直接的だったり間接的だったりで表現の違いがあって楽しそうですねー。

学びたいけど頭がパンクしそうww
2008/10/07(火) 07:40 | URL | totoroz #ADFt6C5g[ 編集]
けっこうあったかいですよw

最初はとっつきにくいんですけど、慣れれば解読する面白さみたいなものもありますし、人によって作風(?)もかなり違って、それを比べるのも面白いですw

興味があれば、勉強してみるのもいいかもしれませんねw
2008/10/07(火) 12:45 | URL | 伊達倭 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dateyamato.blog19.fc2.com/tb.php/3-8765fffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。