ネットで小説を書いている人間が駄文を連ねる場所。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 改めて私はどんな一日を過ごしているのだろうかと考え、意識的に一日の行動を記憶しながら過ごしてみた。
 ここに書かなければならない理由なんてないのだが、もしも私がどんな生活を送っているのか、欠片でも興味が湧いたら続きを読むのも、或いはありかもしれない。


 時系列順に箇条書きにしてみようと思う。

・7時丁度に、携帯のアラームで目を覚ます。煙草を一本吸い、それでも完全に覚醒しないのでミンティアを二粒、口の中に放り込む。痛みで覚醒。

・洗顔後、弁当を作る。今日は昨晩の残り物であるピーマンの肉詰めに、だし巻き卵。温野菜をチョイス。御飯にふりかけを振って完成。時間が余ったので、小麦粉と砂糖でお手軽スコーンを作る。

・お手軽なはずのスコーンで失敗する。失敗作を朝飯として、リトライ。成功したが、時間が無かったのでタッパに詰めて、弁当と一緒に鞄に放り込む。

・8時20分。スーツに袖を通して、鼻炎気味なので薬を飲んで家を出る。四十分ほどバスに揺られる。

・9時に出社。始業は9時半なので、煙草を吸い、スコーンを一切れ食べる。鼻水が止まらない。

・9時半。始業。仕事と言っても研修。今日はプログラミングの実技テスト。
 鼻水は止まったが、副作用で身体がダルい。

・午前中はテストのみ。ほぼ完璧。

・昼食を同僚と食べる。おにぎりだけの同僚が味気ないと嘆いていたので、今日は弁当を少し多めに作ってきた。卵焼きとピーマンの肉詰めを少し進呈。非常に喜ばれる。

・外食組が帰ってきた頃に、スコーンの存在を思い出して頬張る。同僚が食べたそうにしていたので、振る舞う。ほんのりと甘いけど、冷めて固くなってた。それなりに美味いという評価。

・午後1時から、研修再開。自主的な予習をしろとのことだったが、非常に眠かったので、数人を巻き込んで講義形式の予習を行う。
 軽くテキストを読んだ後に、講義形式に賛同した数名に噛み砕いて説明をする。教える側に立つと、自分がどこまで理解しているのかわかりやすい。

・2時半あたりに、面接の練習のアポが取れたらしく、早速練習させてもらうことに。
 自己アピールの文言に問題があり、今後の課題となる。

・3時に練習が終わり、再び予習へ。練習問題も自作して、参加者に投げる。
 予習をした範囲の知識で解ける問題を出すために、自分がコードを書けることを確認してから投げたのが不味かった。俺だけ問題作成の段階でコードが完成している。書くだけ。

・4時
 頭の回転が鈍る。煙草と珈琲で乗り切ろうとするが、朝に飲んだ薬の副作用が重く、調子が出ない。効き目の素晴らしさは折り紙付きだが、この副作用はシャレにならない。

・5時
 テストの結果発表。100点満点中、90点。
 高得点には違いないが、今回は完璧だったと思っていただけに凹む。しかも、一箇所のバグのみ。
 詰めが甘いが、それにしても見事にバグに気付かなかった。講師も「何度も入力して、やっと気付いた」とのこと。実際の職場でも、たまにやってしまうミスらしい。
 一位は二人で、満点。俺が三位。次こそは、一位になると決める。

・5時半に終業。講師に「I'll be back!」と宣言して帰路に就く。

・6時半。帰宅。同居人と軽く遊戯王のカードをプレイして、部屋に引き籠もる。

・8時。小説を書き始める。本日は未発表の短編を進めた。現在1万2000文字。完成は4万文字ってところだろうか。短編じゃない。

・9時。ブログを書き始める。


 後は風呂と飯ぐらい。
 研修なので、やはり「知識を得る」や「経験を積む」が仕事内容になるので、その話題が大半を占めた。とりあえず、仕事中心の生活には違いない。
 今はこれで間違っていない。向こう十年、これでいい。
 そんな一日だった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dateyamato.blog19.fc2.com/tb.php/7-a2dcaa2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。